>>今注目の電子書籍ビジネスはこちら!

AmazonKindleアカウントの作り方

KDPの登録方法

KDPとは、Kindle Direct Publishing の略で、Amazon Kindleの電子書籍セルフ出版サービスのことです。

当然、登録に費用は発生しません。

① KDPに移行します。

下記URL より、 サイトに遷移できます。
↓↓↓
https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP

② ホーム画面右側の 「 サインアップ(サインイン) 」 をクリックします。

Amazon アカウントをお持ちの方は「サインイン」をクリックしてください。

③ 「KDPのアカウントを作成」をクリックします。

Amazonのアカウントをお持ちの場合は、その情報でサインインできます。

④ 氏名、Eメールアドレス、パスワードの順に入力し、「KDPアカウントを作成」をクリックします。

入力したメールアドレス宛に、二段階認証用の認証コードが送信されるので、確認して入力します。

⑤ 利用規約のページに遷移します。

 

「同意する」を押したらアカウントの登録は終了です。

 

⑥「今すぐ更新」を押します。

「著者名」「ロイヤリティ報酬の受取口座」「税金に関する情報」を登録する必要があります。

画面上部の、「今すぐ更新」をクリックします。

⑦ 「著者/出版社情報」「支払いの受け取り方法」を入力していきます。

支払いまでの入力が完了したら、「追加」ボタンをクリックします。

⑧「支払いの設定が完了していません」という画面が現れますが、無視して「いいえ」を押してください。

⑨ 下図のような画面になったことを確認します。

小切手の支払いのところは、無視して構いません。

メキシコとブラジルでの販売収益のみ、小切手での支払いになるため、私たち日本人にはあまり関係ありません。

⑨ 続いて、「税に関する情報」を登録していきます。

続いて、「税に関する情報」を登録していきます。

「税に関する情報を登録する」というボタンをクリックすると、「税務情報に関するインタビュー」というページに遷移します。

順番に質問に答えていきましょう。

下図の選択をしていきます(図は個人の場合)。

⑩ ローマ字で氏名と住所を入力します。

 

郵送先住所が入力した住所と同一であれば「定住所と同一」を選びます。

納税者番号(TIN)はアメリカの納税者番号ですから、「居住者にTINを発行していません」をチェックし、「保存して続行」をクリックします。

※日本のマイナンバーは利用できません。詳しくはAmazonの規約をご覧ください。

⑪同意、署名のフォームが現れます。署名欄に、自身の名前をローマ字で入力しましょう。

 

終わったら「保存してプレビュー」をクリックします。

⑫「税の情報に関するインタビュー」という英文だらけのページに飛びます。

ここは、特に入力する場所はありません。

そのまま「フォームに送信」ボタンをクリックします。

⑬ 次の画面で「インタビューを終了」を押したら終了です。

さあ、早速出版をしていきましょう。